マルサム日記お買い得な商品のご紹介やちょっとためになる情報などをご提供します! 

このページの記事目次 (カテゴリー: 期間限定値下げ(食品)

やっぱり「おでんの素」はエスビーがおすすめ!ちなみに今年はずーと78円!

   ↑  2014/09/30 (火)  カテゴリー: 期間限定値下げ(食品)

2014-09-23 15.37.37

さあ、寒くなってきました!こういうときは食べたくなります!

肉まん!!!!

ではなく、おでんです!といことでご家庭でも簡単にできるおでんの素、エスビー「おでんの素」をご紹介!

まあ、わざわざご紹介するほどでもないのですが、値段を見てください。やすいっしょ!通常価格128円はする消費です!それが78円と激安です!それも、今年いっぱいはこのお値段でがんばらさせていただきます!

ネットでもこれだけする商品。

決して赤字ではございません。現金問屋さんから買い込みました。おすすめです!

ちなみにこのエスビーのおでんの素、おでんの素では売れ筋ナンバー1だそうです。メーカーいわくです。マユツバです。しかし、原材料はしっかりしたものを使ってます。

枕崎産のかつお節と北海道産日高昆布のだし、醤油のバランスがとれた風味豊かなおでんの素です。
これまでの製法を見直す事で、より昆布とかつお節のだしの風味が感じられる味わいにリフレッシュしました。

引用元:S&B エスビー食品株式会社

あと、おでんだけではなく、いろいろな使い方があるみたいです。

レシピ - おでんの素でおいしい簡単アレンジレシピ|S&B エスビー食品株式会社

おススメのレシピは茶碗蒸し!すごくおいしくなるようです。ぜひ作ってみてください!

esubiodennnomoto

スポンサーリンク

スポンサーリンク

(記事編集) http://marusamu.com/blog-entry-772.html

2014/09/30 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

姫野店にて月間ご奉仕品実施中!

   ↑  2013/01/18 (金)  カテゴリー: 期間限定値下げ(食品)

207887_7096

みなさんこんにちわ!ロスリーダーあんぽんです。

本日より、食品売り場にて、月間ご奉仕品として何品かお値段をおさげしました!

月間とはいえ、一応2月いっぱいまで継続する予定ですので、ごゆっくりお買い物ください。

富山小杉店は来週あたりから実施いたします!

それでは、ご奉仕いたします商品はこちら!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

(記事編集) http://marusamu.com/blog-entry-710.html

2013/01/18 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

大学いもが簡単に作れる!日本食研「揚げない大学いもの素」

   ↑  2012/12/13 (木)  カテゴリー: 期間限定値下げ(食品)

d0168058_21203676

みなさんこんにちわ!芋はやっぱり焼き芋が一番!超絶あんぽんです。

昔からある商品なのですが、この時期になぜかよく売れるのでご紹介!

写真 2012-12-09 14 06 20

写真 2012-12-06 10 07 50

日本食研フライパンで作る揚げない大学いもの素です!

大学いもは、いつもスーパーなどで売っている市販のものしか食べたことがありません。作り方も分からないのですが調べてみたら結構大変そうですね。

[大学いも] 料理レシピ|みんなのきょうの料理

しかし、揚げない大学のいもの素を使えば、面倒な仕込みもいりませんし後片付けがたいへんな油も使わないので、簡単に大学いもができてしまいます。

揚げない大学いもの素を使っての作り方はこちらです。

写真 2012-12-09 14 07 42

フライパンで作るので油で揚げるよりも加熱力が落ちます。なので少しばかり時間がかかるようです。それで仕上がりはどちらかというと、大学いも特有のベトベトとした感じは若干少ないようですね。まあ、芋の量にもよるとは思うのですが、その辺りはお好みでどうぞ。  


おまけ 大学芋の由来

大学芋という名は、大正時代に東京の神田近辺の大学生が好んで食べていたためにつけられた。また、昭和初期に東京大学の学生が学費を捻出するためにこれを作って売ったのが名前の由来だという説もある。

大学芋のメーカーである台東氷業(東京都台東区雷門)の話では、東京大学の赤門の前に三河屋というふかしいも屋があり、大正初期に蜜にからめた芋を売ったのが大学生間での人気を呼びこの名がついたという。

三河屋は、1940年(昭和15年)まで門前で営業していた。また、早稲田大学のある高田馬場周辺が発祥であるという説もある。いずれの説も、『実用家庭支那料理法』の出版よりも後である。

引用元:大学芋 - Wikipedia

いろいろな説がありますが、どれも大学がかかわっているから「大学」芋なのですね。全く知りませんでした。

ちなみにどうでもいいですが、芋を食べると半端ありません。おなら。芋を食べた後はなぜか、あの狭いアパートに特設で作られた「屁部屋」へ閉じ込められます。どこかわかりますか?「ウォークインクローゼット」の中です。だから我が家の服はどれも異臭を放っています。お近づきになる場合はご注意ください!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

(記事編集) http://marusamu.com/blog-entry-638.html

2012/12/13 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |