マルサム日記お買い得な商品のご紹介やちょっとためになる情報などをご提供します! 

このページの記事目次 (カテゴリー: ビジネススキル

ボジョレー・ヌーボーに学ぶ、流行させるための戦略がおもしろい

   ↑  2014/11/23 (日)  カテゴリー: ビジネススキル

le beaujolais nouveau 2013 ...

2014年の今年は11月20がボジョレー・ヌーボーの解禁日。うちの店でも売ることになりました。しかし、ボジョレー・ヌーボーには全く興味がなかったのですが、販売するとなったらちょっとは知っておかなければといろいろ検索。そしたら面白い記事がありました。

ボジョレーはなぜ儲かる?低級ワインを世界的ブランドへ転換、驚愕のビジネスモデル | ビジネスジャーナル

ボジョレー・ヌーボーに関するウンチクが満載で、すごいおもしろい!たとえばボジョレー・ヌーボーの解禁日は11月の第3木曜日と決まっています。

もともとボジョレー・ヌーボーは庶民がガブガブ飲む安価なワイン。11月になるとボジョレー・ヌーボーができるということで、いろんなところからたくさんの飲んべえたちがボジョレー・ヌーボーを求めてやってくる。そんな客を当て込んで、熟成されていない未完成のワインをバカスカ売る悪徳業者が現れたらしい。

それではいけないということで、ちゃんと熟成され完成されたワインが供給されるようにと、ボジョレー・ヌーボーを売るのは11月の第3木曜日に決まったそうです。

それとおもしろいのは、もともと庶民的な安価なワインであるボジョレー・ヌーボーがどうしてここまで流行になったのか。それはある人物の戦略のおかげだったのです。その人物とは「ジョルジュ・デュブッフ」というワイン醸造家。

ではジョルジュ・デュブッフがおこなったボジョレー・ヌーボーを流行させた戦略とはどのようなものなのか?

1.弱みを強みに。ボジョレー・ヌーボーは「早く」飲めることをアピール

wine

ワインというものは熟成させればさせるほどおいしくなることが定説。しかし、よくわかりませんが、ボジョレー・ヌーボーは11月に収穫されて、年が明ける前に味のピークが来るそうです。

それでジョルジュ・デュブッフは、早く飲まなければならないという、「弱み」を「強み」としてアピールしたのです。そして、そのアピールを生かしてフランスの三ツ星レストランに売り込み「高級品」として定着させることに成功したといいます。

2.有力販売業者に売り込む

くわしくはサイト様に書かれていませんが、ジョルジュ・デュブッフはボジョレー・ヌーボーをアメリカや日本の有力な販売業者に売り込み、販路や市場を拡大していったそうです。

おそらくボジョレー・ヌーボーをフランスで高級品としての地位を固めたあとの行動だと思いますが、アメリカや日本などの大きな市場へ進出したのは大きな躍進になったのではないでしょうか?

どちらの市場も資本主義が成熟し、新しいものが大好き。その間隙をついてボジョレー・ヌーボーを売り込むのはなかなかの慧眼としか言えませんね。

☆ まとめ

99 bottles of wine on the wall.

ほかにもジョルジュ・デュブッフのボジョレー・ヌーボーを流行させる戦略や経営的なアイデアが書いてありましたが、くわしくはサイト様を見てください。

いや~、ボジョレー・ヌーボー一つとっても奥が深いんですね。でもですね、ということはですね、あれだけ騒がれているボジョレー・ヌーボー。実は

低級品

ということで、ある意味、流行だけが先行しているみたいなもんですよね。ま、わたし飲んだことないんですが、もし、いま売っているボジョレー・ヌーボーが売れ残りましたら買って試飲し、機会があればレポートいたしますw

スポンサーリンク

スポンサーリンク

(記事編集) http://marusamu.com/blog-entry-867.html

2014/11/23 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

スーパー「ヤオコー」のパート社員洗脳術がすごい!

   ↑  2014/11/12 (水)  カテゴリー: ビジネススキル

82330_17-01toro

テレビ東京で放送されている「ガイアの夜明け」が、富山では遅れて日曜日に放送しています。たまたま休みだったのボケッとこちらの番組内容を見ました。

日経スペシャル ガイアの夜明け : テレビ東京

「今こそ、主婦力で売る」というタイトル。いわゆる「主婦から目線」の力を活用し、商品を売っていこうという活動をしている企業を取材した内容です。

番組内容の中でとくに目を引いたのが、埼玉県に本社があるスーパーマーケット「ヤオコー」のパート社員の働かせ方。

ちなみにヤオコーは関東を中心として130店舗ほどある大企業。売り上げは2014/3月期でなんと2600億円!このご時勢にもかかわらず、25期連続で増収増益している優良企業です。

食生活提案型スーパーマーケット ヤオコー MARKETPLACE

番組では、従業員の約8割をパートさんで占めるヤオコーが、いかにパートさんたちのやる気を高めるためにさまざまな方策をとっているのかを放送していました。

前向きに見れば、これほどパートさんたちにとって働きがいのある店はないだろうということになる。

しかし!

わたしから見れば、なんとこれはすばらしいパート洗脳術かと感動してしまった。

あたりまえのことですが、パートタイマーの給料は「時給」で決まります。極端にいえば、1時間のあいだ、ボケッと立っているだけでも給料はもらえる。また、どんなにがんばって会社の売り上げに貢献しても給料は働いた時間分しかもらえない。

そこで会社はいかに、時給という固定給にもかかわらず、パートさんにやる気を持って働いてもらうのかを考えねばならない。

つまり、ボケッとしているだけでも給料はもらえると悟らせず、やる気を持たせ会社のために働くことが生きがいとなるようパートさんを「洗脳」しなければならない。

それで、パートさんのやる気を高め、どんなに働こうとも時給は変わらず文句もいわせず働かせる洗脳術に長けたのが「ヤオコー」なのです。

それではヤオコーのすばらしいパート洗脳術を3つ、ご紹介いたします。

1.仕事の権限委譲をどんどんする

SuperMarket

ヤオコーでは社員もパートも仕事内容は同列に扱われます。番組ではパートさんに、レシピを考えてこさせたり、ある商品が売れるようにポップを書かせたりとさまざまな仕事を与えられていました。

はたから見るとそれはふつう、社員がやる仕事なんじゃないかということまでやらされる。

しかし、そのような仕事を与えられることでパートさんには責任感が生まれる。また、自分のしたことが、たとえば商品が売れたという結果につながり満足にもつながる。

そのような仕事を与えられると悲しいかな、仕事はどんどん面白くなり、ますますがんばるようになる。番組でのパートさんは、家に帰ってからもレシピを作ったりと会社のために働いておりました。

ま、ここが洗脳といえども、パートさんは楽しんでいるからいいとは思います。だが、これだけ働いても給料はかわらない。しかし、会社はどんどん儲かるのです!これほど効率のいい働かせかたはない。

もし、パートさんに時給以上の働きをしてもらいたければ、どんどん仕事を与えよ!責任を与えよ!とうことです。そうすることで、わたしは頼られている、わたしが頑張らないといけないんだ!と洗脳され、給料以上の働きを見せてくれることになるでしょう。

2.少しでもいいからボーナスを与える

Money Money

ヤオコーではパートさんでも会社の業績によって年に1回、ボーナスがもらえるそうです。

番組ではパートさんが給料明細を見せていました。それでもらっていたボーナス額は約5万円。

このパートさんは、レシピを作ったりポップを作ったりとものすごく店の売り上げに貢献している。そのパートさんにして、年1回のボーナスがたったの5万円。月に換算して4166円。

おそらくこのパートさんは、その何倍もの利益をお店にもたらしていると思われます。しかし、パートさんはこれだけもらえてうれしい、今後ももっとがんばると言っておられました。

かのマキャベリは「君主論」でこう述べている。

恩恵は、よりよく人に味わってもらうように、小出しにやらなくてはならない

ここで「恩恵」を「ボーナス」または「給料」と読みかえるとわかりやすい。

人の心理として、恩恵や給料、ボーナスは、少なくもらおうと多くもらおうと、もらったという感謝の大きさは変わらない。それであれば、小出しにして恩を着せたほうがいい。

はたから見たら、働いた見返りとしては異常に少ないボーナス。しかしもらった本人は大満足で、ますますがんばって働くことになるのです。

ヤオコーはマキャベリズムを地でいく恐ろしい企業です。これは見習うべき。少なくてもよいから「ボーナス」を与えよう。そうすれば、与えたボーナス以上の働きをパートさんは見せてくれるに違いありません。

3.互いに競わせる

Conflict Competition ..

ヤオコーでは年に何回か全店合同のコンテストがあります。番組では、ステーキ肉をどの店が1番売れるかというコンテストをやっていました。

パートさんたちはおお張り切り。やるからには1番をとってみせると、独自のレシピを考え実演販売。毎日、全店の売り上げ速報が流れ、現在自分のお店が何位かを知らされる。それがまたみんなの競争心に火を点ける。

人は生まれ持った闘争本能というものがあります。それを刺激されると、目先のことよりいかに相手に勝つかということに集中する。

たとえば、住民運動会など、1位になることで金が当たるわけでもないのに、純粋に相手に勝つことだけを目標にみんながんばってしまう。そして、競争に勝ったとしても得るのは「名誉」と「自己満足」だけ。

ヤオコーはそんな人間の闘争本能をかき立て働かせるすべに長けています。パートさんたちは売り上げ1番を取るために競い合い、競い合うことで結果として店の売り上げはどんどん上がる。それは会社の1番の目標とも一致するので、めちゃくちゃ合理的な方法です。

しかし、ここが大事なのですが、このコンテストで1位になったところで何も当たらない。会社から表彰されるだけ。得るものは「名誉」と「自己満足」だけです。そして残るのは、経費もかけずに売り上げが挙がった会社の利益なのです。

これほど会社にとって都合のよい働かせ方はない。ヤオコーを見習うべきです!従業員を競わせろ!目標は「売り上げ」。そうすることで、経費をかけずに売り上げを上げることができるのです!

☆まとめ

小売業はとくにそうですが経費削減のために、従業員のパート・アルバイト比率がものすごく高くなっています。

そういう状況のなかで会社の課題はいかにパートさんに働いてもらうか、それもどれだけ働いても変わらない時給で!

ということでヤオコーさんのパートさん洗脳術を参考にしてみてはいかがでしょうか。

ちなみにこちらの本もパートさん洗脳術が参考になりますのでオススメ!

感謝・感動・感涙経営
感謝・感動・感涙経営
posted with amazlet at 14.11.10
鎌田 真司
商業界
売り上げランキング: 272,344

スポンサーリンク

スポンサーリンク

(記事編集) http://marusamu.com/blog-entry-847.html

2014/11/12 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

このビジネスは儲かるやろ!渋谷の弁当宅配サービスがすごい!

   ↑  2014/11/08 (土)  カテゴリー: ビジネススキル

2014-11-03 19.03.56

11月3日の日経MJの一面でおもしろい記事がありました。

渋谷には社員食堂を持たない新興企業が多いため、お昼ご飯の需要を狙った弁当宅配サービスを立ち上げるベンチャー企業がどんどんできているそうです。

その弁当宅配ベンチャー企業のなかで、とくに目を引いたベンチャー企業がこちら。

bento.jp - 渋谷区の渋谷駅、神泉駅周辺、港区六本木にお弁当を宅配!ランチをボタン一つで20分以内にお届け

この会社のアプリをダウンロードし、アプリからボタン一つで注文ができてお弁当を届けてくれます。それも20分以内に。弁当は配達料込みで800円。おまけに毎日、日替わり弁当なので飽きることがない。

bento

アプリ画面はこんな感じ。「今すぐ注文する」というボタンを押すと注文できます。

配達のシステムはなかなかアナログです。配達手段は自転車。渋谷にある本社兼お弁当集積場所のマンション一室に、バイトがお弁当を取りに行き、決められた渋谷各所のポジションで待機。

本社から転送される注文メールを携帯端末で確認して、バイトは配達場所に行きます。

ちなみにお弁当は飲食店に製造委託して作ってもらっています。

この会社を運営しているのがなんと28歳の若い社長。現在では、15人のバイトを使い、1日に弁当を1000個も販売するまで成長しています。

まあ、どこにでもある弁当の仕出し屋みたいな感じですが、よくよく記事を読んでみるとこれはすごいビジネスだと感心しました。では、このベンチャー弁当宅配企業のなにがすごいのか?

1.初期投資が安い

Money

ベンチャービジネスを立ち上げるとき、いかに初期投資を安くするかが大切。この「bento.jp」はちょっと考えるとえらい安く立ち上げることができる。大ざっぱに試算してみます。

会社は、お弁当集積場兼任でマンションの一室。今住んでるところを使えばとくに費用はかからない。

飲食店に委託しているので、お弁当を作る調理施設はいらないから費用はゼロ。

必要な設備投資は、自転車とスマホ。自転車は安いママチャリで2万円、スマホはタブレットのもので5万円くらい。初回に各5台づつ導入するとして計50万円。

おそらく一番かかる投資がアプリの開発費で、だいたい100万円前後くらいでしょうか。

そうすると、弁当の仕入れ代金や雑費などをふくめるとだいたい300万円くらいあれば「bento.jp」をたちあげることができる。

わざわざ銀行に頭下げてお金を借りなくても、自己資金の範囲内でできますね。これだけ安い初期投資でビジネスを立ち上げれるとは魅力的です!

2.めっちゃ儲かる

Beautiful and Dirty Rich

弁当の宅配なんてそんなに儲からないだろうと思っていたのですが、ちょっと計算すると、これ、とんでもなく儲かるじゃないですか!

「bento.jp」では、お弁当の値段が配達料込で1個800円。今では1日1000個も販売します。これだけで売り上げは1日当たり80万円。

委託して作ってもらうお弁当の仕入れ値がわからないのですが、仮に原価率50%としたら、売上80万円×50%で1日当たりの売上利益が40万円。

配達は自転車でおこなうので経費といっても人件費だけ。それで配達料をとるってww

現在、アルバイト15名を使って配達しています。そこで従業員数は、事務のバイトを含めて約17人と仮定。そして、1日の労働時間を5時間、渋谷の平均時給は1000円くらいなので、時給を1200円としときます(儲かってるから)。

そうするとざっと1日当たりの人件費は、17人×5時間×1200円で約10万円。ということは、売上利益40万円から人件費を引いたら1日当たり30万円の利益になります。

20日間営業するとして月に換算すると、なんと600万円の利益!

年間だと、

7200万円ww

これ、利益ですよ。ほかに家賃や通信費などの経費がかかるとはいえたかが知れてます。これはぼろ儲けであります!

3.お客さんに困らない

渋谷

「bento.jp」と立ち上げた28歳の若き社長は、もともとIT企業で働いていたそうです。そのとき、いそがしくて昼飯を食べに行く時間がない。もし、お弁当の宅配があったらいいのになという思いから弁当宅配ビジネスを立ちあげられたのだとか。

なので「bento.jp」がターゲットとする顧客は、IT企業でいそがしく働く人たち。それではどのくらいの潜在的なお客さんがいるのか。

「bento.jp」の配達エリアである渋谷はIT企業が東京都内で一番あるそうで、ざっと600社くらい。

2000年以降、東京都では2317社のIT企業(2317社)が設立されているが、このうち渋谷区を拠点とする企業は588社と最も多く、以下、港区(501社)、千代田区(274社)、新宿区(212社)、中央区(181社)と続く。

引用元:ITベンチャーに選ばれる街――「渋谷」|DATA × SHIBUYA||渋谷文化プロジェクト

ひとつの企業あたりどれくらいの従業員がいるかはわかりませんが、1社平均20人として12,000人もいます。すべての人が利用するわけではありませんが、1割のお客さんに利用してもらうだけでも1日1200個もお弁当が売れます。

お昼ご飯はみんな食べますから、おそらくIT企業だけでなく、様々な人が利用することを考えると潜在的なお客さんは膨大な数になるのではないでしょうか。

☆ あとがき

bento.jpgazou

現在、「bento.jp」の配達エリアは渋谷区と港区にある六本木です。これから都内全域で配達を行うようにするとか。

お弁当のお値段は少し高いけれど、日替わり弁当で、20分以内に配達してくれる便利さであれば利用する人はまだまだ多いはず。

もとが儲かる仕組みだけに、これは目覚ましい成長をするのではないでしょうか。弁当宅配は見ため地味な商売だけど、バカにできません。今後が楽しみです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

(記事編集) http://marusamu.com/blog-entry-835.html

2014/11/08 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

勉強本は見た目で選ぶ 才色兼備山口真由さんの場合

   ↑  2014/10/10 (金)  カテゴリー: ビジネススキル

yamagutimayu copy

現代ビジネスのサイトにて面白い記事があったので紹介。

勉強するときは基本書は「外観」で選べ!「東大首席→財務省→弁護士」を支えた最強メソッド | 立ち読み電子図書館 | 現代ビジネス [講談社]

書かれた方は山口真由さんという超秀才の女性。東大首席卒業で在学中に司法試験を合格、雲の上に鎮座します財務省へ入省、その後弁護士として活躍されておりますスーパーキャリアウーマン。

ただの秀才ではなく毎日19時間ぶっ通しで勉強したために幻覚を見たというツワモノ…。

そんな山口さんは下記の本を書かれていて有名になられました。

東大首席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法
山口真由
PHP研究所
売り上げランキング: 1,248

そのようなスーパーウーマン山口さんが、え?勉強するときの基本書は「外観」で選べ?どういうことでしょうか?

「外観」で基本書を選ぶ3つのポイントとは?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

(記事編集) http://marusamu.com/blog-entry-800.html

2014/10/10 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

身になる本の読み方4つのステップ

   ↑  2014/10/05 (日)  カテゴリー: ビジネススキル

2014-10-01 19.05.43

2014.10.1の日経流通新聞にて。あらま珍しい記事ですなということで読みました。社会人の身になる読書術です。

何のアンケートか忘れましたが、月に1冊でも本を読む割合が10代~60代で約4割ということだそうです。ということは、6割もの人が全く本を読まない。

また、月に10冊の本を読む人となるとなんと全人口の1%に満たないとかなんとか・・・。

だから人より抜きんでるためには本を読めやあああ!!だそうです。

ただ、どのように本を読んだらよいのかわからない人も多いはず。今回の記事ではそんな人のための読書術が書かれていましたのでご紹介。

わたしも参考になりました。本の読み方4つのステップです!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

(記事編集) http://marusamu.com/blog-entry-784.html

2014/10/05 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

「可能性を広げる」「気持ちが明るくなる」問いかけ方

   ↑  2013/01/11 (金)  カテゴリー: ビジネススキル

0110コーチング

みなさんこんにちわ!「どうしていつもそんなに顔が大きいんだ!」と問われるあんぽんです!

毎月、大正製薬さんから「大正レポート」という販売店向けの雑誌が送られてきます。
その記事の中に「基礎から学ぶコーチング塾」という連載があり、今回書かれていた内容がなかなかためになりました。

スタッフが率先して考えるようになる問いかけ法があります。今回は「可能性を広げる」「気持ちが明るくなる」問いかけ法を紹介します。

その中から、上司が部下に問いかけるときに効果的な方法を2つご紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

(記事編集) http://marusamu.com/blog-entry-693.html

2013/01/11 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |