マルサム日記お買い得な商品のご紹介やちょっとためになる情報などをご提供します! 

ブログの文字数を増やした3つの理由

   ↑  2012/12/16 (日)  カテゴリー: お役立ち情報

mainlogo

みなさんこんにちわ!あることないこと書くの大好き超絶あんぽんです。

最近のマルサム日記は、文字数が多いと文句を言われております。実は意図的に文字数を多くしています。その理由は3つあります。

1つ目は嫁にブログを読ませないようにするため。うちの嫁さんもマルサム日記を読んでおります。面白いから読んでいるのではありません。私が嫁さんについてあることないこと書くので、変なことを書いていないか監視目的で読んでいるのです。

しかし、嫁さんネタは私にとって貴重な材料。嫁ネタは書かないわけにはいきません。そこで思いついたのが文字数を多くすること。マルサム日記を読む嫁さんを分析しましたら、見た目に文字数の多い記事は読まずに、すっ飛ばしていることが判明しました。

だから意図的に文字数を多くすれば嫁さんはその記事をスルーする。そのうちマルサム日記を読まなくなると踏んでのことなのです。

2つ目は文章を書く訓練のため。ブログは趣味の一環として書いているといえども、何人かの方々に読まれているわけで、できるだけ上手な文章を書きたい。そのためには、とにかくたくさん書くことが大事だそうです。読まれる方には迷惑な話ですが、その訓練の一環として長めの文章を書いています。
   
3つ目はSEO対策のため。こちらが本題です。
   
ちなみにSEOとは、

検索エンジン最適化(英: Search Engine Optimization、SEO、サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)はある特定の検索エンジンを対象として検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換えること。または、その技術のこと。

引用元:検索エンジン最適化 - Wikipedia

何が書いてあるの分かりません。私もわかりません。要は、ある言葉をグーグル先生とかで検索したときに、検索結果として一番初めのページに自分のサイト、ブログが表示されるようにすることだと思います。

たとえば「マルサム」と検索すると、検索結果の一番上にマルサムのHPがでています。このように検索結果の一番上に来ると、HPを見ていただく、ブログを見ていただく確率が高くなるというわけです。

そのように検索されたときに、いかに検索結果で上位に表示されるかが大事なので、みなさんSEO対策に四苦八苦されているわけです。 

そこで、あるブログに「SEO対策としてブログの文字は多いほうが良い」というの記事がありまして、わたしもちょっとやってみようかなと思った次第です。

ブログに必要な文字数

ab5a62801d151c260726561c0db9708a


文字数の増加なぜSEO対策になるのかわからずに、まあブログを書くんだったらやっておいたほうがいいんだろうな、という軽い気持ちで実践し始めたのがブログの文字数を増やすことだったのです。今もって、文字数とSEOの関係はわかりません。

それでいろいろとブログに最適な文字数はいくつなのかと調べたら、いろいろな意見があります。ということは、文字数なんてあまり関係ないのかなと思ったりもしたのですが。

そこで極端な例として3つの意見を書いてみました。その意見とは①700文字前後がよい ②2000文字前後が良い ③そんなの関係ない というものです。


①700文字前後が良い理由

どのような仕組かわかりませんが、記事がネットにアップされたとき、グーグル先生が検査にやってきて記事が良質なものかどうか調べるそうです。あまりにも薄っぺらい記事だったら見向きもせず、検索結果に反映されなくなるんだとか。

薄っぺらい記事だと思われないするために必要な文字数が700文字だそうです。それ以上の文字数で書いても構わないのですが、長すぎると今度は読者が嫌がってしまいます。それで薄っぺらい記事と思われず、読者にも敬遠されない文字数が700文字です。

700文字というと新聞のコラム記事に近い数字ですね。SEO対策はともかく、読者にとって読みやすい文字数かもしれません。

②2000文字前後が良い理由

こちらの理由はアメーバーというコンテンツを使っているブログで書かれていました。なお、これはちょっと極端な例かもしれません。

アメーバブログは日本で一番ブログを書く人が多いコンテンツです。しかし、多くのブログは文字数が少ない。そこで他のブログと圧倒的に差別化を図るために2000文字の記事を書くと良いそうです。

専門的なことを述べられていたので詳しくは忘れたのですが、アメーバブログでは、そのような記事はすごく注目されやすいような仕組みになっているとのこと。実際に実績も作っていらっしゃいます。

しかし、2000文字といえば400字詰め原稿用紙の5枚分。これだけの分量を毎日書くにはちょっと辛いものがあります。

③そんなの関係ない理由

こちらの理由は下のブログにて紹介されていました。

記事に必要な文字は何文字? 文字数が少なくてもSEOで上位表示は可能? | 海外SEO情報ブログ

Googleは文字数でコンテンツを評価しているわけではありません。

文字数が少ないから悪い、文字数が多いから良い、そんな単純なものではないというのはよく考えれば(よく考えなくても?)分かる話ですよね。

「検索エンジンに評価されるには記事は何文字以上が必要ですか?」

「重複コンテンツにならないためには記事の何%を変えなければなりませんか?」

SEOで考えるべきでないことをSEOで解決しようとしている、くだらない質問の典型です。

必要な文字数は、あなたが伝えたい情報をユーザーに対してそのページで伝えるのに必要な文字数です。

引用元:記事に必要な文字は何文字? 文字数が少なくてもSEOで上位表示は可能? | 海外SEO情報ブログ

最近のグーグル先生はものすごく優秀らしく、文字数が少なくともしっかり書かれたブログは良いものだと判断できるそうです。

それで、この方が言うには「SEO対策」がどうのこうの言う前に、しっかりした記事を書け!文字数から考えることがばかげている!伝えたいことがあれば文字数など関係なく書けばいいということです。

ものすごく納得です。3つのうち、この3番目の理由にすごく納得させられました。結局は読む人が喜ぶしっかりした記事が書けるかどうかの問題です。文字数など関係ありません。

これからは、読みやすい文字数であり内容もしっかり書ける①の理由で述べられた700文字という文字数を基準とする。しかし、③の理由のとおり、文字数にとらわれることなくしっかりとした内容の記事を書く。こういうブログの書き方でいこうと思います。

しかし、わたしにとって最大の目標は嫁さんがマルサム日記を読まないようにすることです。このくらいの分量を書けば読まないでしょう。これからも頑張ります!

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

(記事編集) http://marusamu.com/blog-entry-628.html

2012/12/16 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: ブログの文字数を増やした3つの理由

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback