マルサム日記お買い得な商品のご紹介やちょっとためになる情報などをご提供します! 

紙パック式の掃除機には純正品の紙パックがいい!

   ↑  2012/12/14 (金)  カテゴリー: お役立ち情報

写真 2012-12-13 12 41 24

写真 2012-12-13 12 41 39

みなさんこんにちわ!鼻から吸う吸引力は掃除機並み超絶あんぽんです!

又聞きで申し訳ないのですが、このような話を聞きました。紙パック式の掃除機が壊れたので電気屋さんに買いに行ったパートさんが、電気屋さんから聞いたお話です。掃除機紙パックはメーカー純正品を使ったほうが良いそうです。
   
掃除機紙パックにはメーカー純正品と各メーカー共通で使えるタイプがあります。純正品は、掃除機を作っているメーカーが自社製品のみに使える仕様で作ってあります。紙パックを取り付けるところが各メーカによって違いますので、純正品は他社の掃除機には使えません。各メーカー共通タイプは、取り付ける厚紙部分を切り取りすることにより、どのメーカーの掃除機にも取り付けることができるようになっています。

しかし、各メーカー共通タイプの紙パックは、掃除機を壊れやすくするそうです。どのメーカーにも合わせられるように作っているため、紙パックと本体はきっちりとはハマりません。どうしても本体の吸い込み口の穴と紙パックの穴に隙間ができてしまいます。その隙間からホコリなどがもれて、モーターに入り込み故障の原因となる確率が高くなるそうです。

なので紙パックを買うなら純正品がオススメです。純正品であれば、メーカー専用に作られているのできっちりハマります。ホコリがもれるようなことも少ないので、モーターが長持ちします。それと、純正品にはごみの入り口に弁がついていたり、防臭防菌加工になっていたりとなかなか機能的に優れているものが多いですね。ただし!お値段が高い!共通タイプの3倍くらいはします!

高い純正品を買って掃除機を長持ちさせるか、安い各メーカー共通タイプを買って掃除機の買い替え時期を早めるかは、お客様しだいです。実際、共通タイプを使ったら使わない場合と比べてどのくらい壊れる速さが違うのかはわかりません。また、やはり純正品はお値段が高いです。しかし、上で述べましたように良い機能が純正品にはあります。また、紙パックは一度つけると最低1~2か月もつので、値段が高いとはいえランニングコスト的にはあまり気になりません。

やはりこのあたりは、皆様のご判断にお任せするしかありませんね。わたしの家ですか?わたしの家はサイクロン式の掃除機なんでどうでもいいです!

おまけ:サイクロン式掃除機の3つのデメリット


f0108248_6102453

ちなみに現在、我が家ではシャープのサイクロン式の掃除機を使っています。最初はいいかなと思っていたのですが、最近はデメリットのほうが気になります。それは、1.うるさい 2.ごみがすぐたまる 3.ごみが捨てにくい です。

サイクロン式掃除機は結構うるさいです。まあ、安い掃除機を買ったので文句は言えませんが。しかし、本体でブンブン回る機械がうるさいですね。きゅるるるるう、きゅいいいいいんと不快感極まりない音がします。

結構早くにゴミがたまります。掃除機の構造上仕方ないのかもしれません。ごみの入る空間が少ないからです。2~3回の掃除機で目に見えてゴミがたまってしまいます。紙パック式であれば毎日掃除していても軽く1ヶ月は持ちますね。

ごみが捨てにくいというか、髪の毛とかヒモなどが絡んでしまうので取りにくいです。これが一番の欠点ですね。捨てることは簡単なんです。ゴミがたまった容器をポコッと取り出して、捨てるだけの動作です。しかし、容器の中で回転している機械にいろいろなものが絡みつくんです。これが取りにくい。

ところで、上のように述べてきて申し訳ないのですが、わたし、この掃除機で掃除したことありません。お嫁さんが毎日掃除してゴミを捨てています。だから、それを見ている私の想像で描いていますので、お嫁さん本人はいたって平気かも…。

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

(記事編集) http://marusamu.com/blog-entry-642.html

2012/12/14 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 紙パック式の掃除機には純正品の紙パックがいい!

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback