マルサム日記お買い得な商品のご紹介やちょっとためになる情報などをご提供します! 

パラグラフ・ライティングでわかりやすい文章を書く!

   ↑  2012/12/19 (水)  カテゴリー: ビジネス

写真 2012-12-18 23 27 48

みなさんこんにちわ!支離滅裂な超絶あんぽんです!

非論理的な私は、何とか論理的、合理的、冷酷的な人間になりたくて、いわゆる「ロジカル本」には目がありません。それで、いろいろな本を読み漁ったのですが、その中でも今回読んだ本はめっちゃスゴ本でした!


 

論理が伝わる 世界標準の「書く技術」 (ブルーバックス)
倉島 保美
講談社
売り上げランキング: 1284


この本は「パラグラフ・ライティング」という文章の書き方を指南してくれる本です。パラグラフとは、対応する日本語がないので、パラグラフとしか訳しようのない欧米語です。著者は反対するでしょうが、イメージとしては日本の「段落」に近い考え方でしょうか。

このパラグラフ・ライティングは、欧米の大学では1年間を通してみっちり教えられる文章の書き方です。これを学ばなければ、しっかりとしたレポートなどの文章を書けないので、みんな必死に勉強するそうです。

それでパラグラフ・ライティングで文章を書くと、以下のようなメリットがあります。1・読み手にとって、わかりやすい論理的な文章が書ける。2・読み手が早く読める。2・書き手は、簡単に論理的な文章を書ける。ようになります。
 
詳しいパラグラフ・ライティングのやり方は本を読んでいただくとして、このブログでパラグラフ・ライティングで書いた記事をご紹介!見よう見まねで書いたので、参考にならないかも…。

紙パック式の掃除機には純正品の紙パックがいい! | マルサム日記  

パラグラフ・ライティングの最大の良さは、パラグラフの最初の1文を読み進めていくだけで、文章に書かれていることがわかります。上の記事では、とりあえず太字の文を読むだけで、何が言いたいのか分かるかと思います。

このように第1文を要約文として、そのあとに要約の補足説明の文を書く。そのような構造の塊を1つのパラグラフとします。そして、パラグラフの間で文章の流れを作り、1つの記事を作るのです。
 
そのように書かれていると、各パラグラフの第1文を読むだけで文章全体の内容が把握できます。このような文章は、読み手にとり理解しやすく早く読めるわけです。

また、書き手にとっては、パラグラフの第1文にあたる文を箇条書きにしてから文章を組み立てていくと、文章の流れを把握しやすくなります。そうすると、途中で「あれ?何書いていたんだっけ?」というようなことなく、論理的な文章を作りやすくなります。     
   
このように、読み手にとっても書き手にとっても便利な書き方がパラグラフ・ライティングなのです。

ちなみに、この本を読んだとき、なんちゅうすごい文章読本なのかと感激しました。これほどわかりやすい文章の書き方が書かれた本は、なかなかお目にかかれないかと。

また、この本もパラグラフ・ライティングで書かれているので、あっという間に読めてしまします。パラグラフ・ライティングの威力を見せ付けられました。

欧米では必須の学問ということですが、日本でも取り入れたら良いのではと読みながらつくづく思いました。私も学生時代にこの書き方を知っていれば、レポートを書くことが苦にならなかっただろうにと悔やまれます。     

あと本書のコラムに、著者が働いていた時のエピソードがありました。社長が下は37歳から上は50代の管理職たちに「トヨタ流の経営を当社に生かすにはどうすべきか」という課題でレポートを書かせたそうです。

それを読んだ社長は、何も言わず、掲示板に「みなさん、何を言っているのかわかりません。もっと文章の勉強をするように」と紙切れ一枚貼られていたのだとか。

著者の経歴からこの会社は天下のNEC。1流大学出身の人間がたくさんいる企業です。ましてや、その幹部ともなればすごく優秀なはずなのに、しっかりしたレポート1枚かけない現状があったそうです。まあ、今も似たようなものかもしれません。

ですから、本書を読んでパラグラフ・ライティングの勉強をすれば、並み居る人たちを押しのけて学校なり企業なりで評価されること間違いなし!
   
学生たちはもちろん、報告書をよく書くサラリーマンの方にも超オススメです!

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

(記事編集) http://marusamu.com/blog-entry-651.html

2012/12/19 | Comment (0) | Trackback (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: パラグラフ・ライティングでわかりやすい文章を書く!

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback


この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

内容以前・論外の文章を生産しないために:論理が伝わる 世界標準の「書く技術」

論理が伝わる 世界標準の「書く技術」 (ブルーバックス)作者: 倉島 保美出版社/メーカー: 講談社発売日: 2012/11/21メディア: 新書  多くのビジネスマンの悩みの種であるライティング。本...

本読みの記録 2013/01/05