マルサム日記お買い得な商品のご紹介やちょっとためになる情報などをご提供します! 

私のバカを治してください!無理ですか!

   ↑  2012/12/21 (金)  カテゴリー: 新書

next101

みなさんこんにちわ!アホは治りません超絶あんぽんです!

いつものならじっくりと検証してから本を買うのに、タイトルに引かれてレジへまっしぐら。バカが治るならばどんな手も使いません!

ということで、こちらの本を読みました。

バカを治す (フォレスト2545新書)
適菜収
フォレスト出版
売り上げランキング: 5326

本書はバカを批判する本ではありません。
バカの本質をつかむことにより、自分の中の「バカ」を克服するための本です。
本書ではバカを次のように定義しています。

【バカ】 頭の中にワンクッションがない人たち。 脊髄反射的というか、モノを考えずに反応する。犬と同じ。

人間はみな、たいていそんなバカ性を持っています。
そしてそれを自覚することが、ヒトという動物から人間に成長するための第一歩です。

本書は、過去2000年の賢者の知恵を学びながら、現代社会に蔓延するバカの素から距離を置き、自分の中のバカを破壊するための 具体的ノウハウが詰まった一冊です。

引用元:Amazon.co.jp: バカを治す (フォレスト2545新書): 適菜収: 本

 



作者は哲学者を自称する適菜収さんです。

こちらの本を読めば、たちどころにバカが治る方法論が書かれているかと思いきや、ちょっと違いました。

世の中のあらゆる「バカな人たち」を書き出して、あなたはこのようになってはいけないという対処療法的な内容となっております。そして、そのバカな人たちとは、作者の適菜さんが思うバカであって、皆さんがどう思うかは評価の分かれるところかと。

書き進められ方は、架空の人物が作者に質問をぶつけ、それに答えるという形です。後半部分からは、なぜか作者の政治的主張が書かれていくという、バカと何が関係あるのかと思うところがあるのですが、まあ、なかなか面白い内容となっています。  

個人的には期待はずれ。私は方法論的なものを求めていました。なので、作者が思うバカな人たちを書き出されても、特殊なバカであるわたしには対処療法にもなりません。ちょっとタイトル倒れの感じがします。

しかし、哲学者だけあって目の付け所はおもしろい。ちょっと視点を変えて世の中を見てみたい方にはオススメです!

ふせんチェック!!


写真 2012-12-18 22 17 24

周囲から、「バカの素」を減らしていくことが大切です。 まずはテレビを見ないこと。テレビ番組の目的はコマーシャルを視聴者に見せることです。だから、視聴率を稼ぐ必要がある。広く浅い層を対象にしなくてはならないので、基本的にはバカにウケるものを作ります。
それと調査によればテレビを見ている脳は基本的に働いていないので、洗脳されやすいという面もあるのだとか。

勉強してもバカは治りません。バカが資格をとっても「資格をもつバカ」になるだけですし、バカが英語の勉強をしても「英語ができるバカ」になるだけです。 バカとは「世界の見え方」の問題です。
これは分かります。私は結構資格を持っていますがバカです。そして、世界の見え方は変えられないので、バカは死ななきゃ治らないとおっしゃっていますが、そんな、身もふたもないことを・・・。

ボブ・ディランが「違法ダウンロードによって、音楽の価値を軽んじられていることをどう思いますか?」と質問されて、「もともと価値なんてないんだから問題ないじゃないか」と答えていました。やはり、ディランは偉大です。

さすがですね。ディランに言われたらすごく説得力がありますな。

自己啓発本は不安をあおるビジネスの一種です。情報弱者からカネを巻き上げる商売です。 ある人の成功体験はセオリーとして一般化することはできません。時代も社会状況も違うのに、安易にバラ色の未来を約束する本はインチキです。

数々の自己啓発本を読んだ私は、やっと盲が開けました!ほんと、自己啓発本はムダだと。すべて営利目的か売名行為で書かれていますからね、あの手の本。

「人権」「国民の権利」を保障しているのはそれぞれの国家の軍事力であるということです。バカはこうした理屈がわからない。そして現実を決して認めない。 「人権を守れ」とか言いながら、「自衛隊を廃止しろ」などと言っている連中は、オウム真理教の信者とそう変わりはありません。

これは「自衛隊反対!廃止しろ!」と主張する人に向かって書かれた文章です。己らが誰に守られているか、現実を見ろ!ということですね。

B層とは「マスコミ報道に流されやすい比較的IQが低い人たち」です。 2005年9月のいわゆる郵政選挙の際、自民党が広告会社に作成させた企画書に登場する概念です。 「構造改革に肯定的でかつIQが比較的低い層」「具体的なことはよく分からないが小泉純一郎のキャラクターを支持する層」「主婦や老人、低学歴の若者」をB層と規定しています。

適菜さんは「B層」についての本も書かれています。これは小売業でいうところの「客層」の考えと一緒ですね。どの層をターゲットに商売をするか。政治家はどの層に向かってアピールするか、その違いです。ま、政治家も商売ですから。

小泉は靖国参拝前に民間会社に世論調査をさせ、政権の支持率が上がることを確認してから参拝を決定しています。靖国神社に合祀されているいわゆる「A級戦犯」については「戦争犯罪人である」と言い放っている。

これにはびっくりしましたね。パフォーマンスだったんですね、あのおっさん一流の。実際は、小泉のおっさんは「戦後民主主義派」と呼ばれる「左翼」だそうです。

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

(記事編集) http://marusamu.com/blog-entry-658.html

2012/12/21 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 私のバカを治してください!無理ですか!

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback