マルサム日記お買い得な商品のご紹介やちょっとためになる情報などをご提供します! 

成功する男の共通点とは?

   ↑  2013/01/05 (土)  カテゴリー: ビジネス

0921_img01

みなさんこんにちわ!失敗した男、あんぽんです!

本の帯の美女にひかれて思わず買ってしましました、こちらの本。

3年以内に成功する男、消える男
松尾知枝
フォレスト出版
売り上げランキング: 1,489

著者である松尾さんはなんと、500回も合コンをしたそうです。そこで知り合った3000人という男性をベンチマークして、成功する男の共通点を導き出し、紹介した本がこちらです。

う~ん、この著者はつぶれる前のJAL国際線のCAということもあり、出会った男は超1級の人ばかり。その選りすぐりの中から、成功する人の条件を見つけたのですから、これは確かな情報かと。

ということで、今回は本書より、成功する男の共通点として6つのポイントをご紹介!


写真 2013-01-03 18 09 42

 

1.成功者は見栄っ張り

 

その後に出会った将来成功していく男性の多くが、見栄っ張り気質であるという共通点があります。見栄っ張りの度合いはまちまちですが、もし達成できなかったらメンツがつぶれるなんて一切気にせずに、堂々と夢を語るのです。そして彼らは共通して、1つの夢をクリアするとまた新たなホラを吹き始め、再び全速力で走りだしていきます。


成功する男は見栄を張って夢を語るけども、夢を実現すべく行動を起こすそうです。つまり、言いっぱなしの「ハッタリ」とは違うのです。そして、必ずその「夢」を実現する期限を設けて、自分にプレッシャーをかけているとか。

2.本当の失敗は「実行しないこと」

 

「見切り発車」とは、議論や調査・研究が十分にし尽されないまま決定したり、実地に踏み切ることを言いますが、成功していく人は、ほぼ例外なく見切り発車型です。彼らが本当に恐れていること、失敗だと思っていることは、結局「なにも実行しないこと」だと声を揃えて言います。


仮説として60%ぐらい見込みがあれば即実行。それ以上待てば、実行する時期を失ってしまうのです。これ、わたしはよくわかります。臆病な男に限って、万全を期して行動しようとするもの。しかし、「万全」ってほとんどありません。

3.朝時間を有効に使う

 

雑用が入らない、朝の神聖な時間をどのように使うべきでしょうか?成功者は次のように考えています。「緊急ではないけれど、将来の富を築くために欠かせない重要なタスクをこなす時間」(中略)成功者にとって朝時間とは、将来の年収を左右する「戦略タイム」です。朝時間を例え10分でもいいので豊かに使う方法を考え、行動してみてください。


成功する男はみな、早起きだそうです。そして、朝に自分のスキルを磨くのです。

私も最近思うのですが、夜は全く駄目ですね、酒飲むから…。朝がつらいなんて言ってられない、ちょっとは考えよう。

しかし、ほんと、誰にも邪魔されない時間は「朝」しかないですよね。それを活用するかしないかが、成功の分かれ道。

4.人脈は増やさない

 

巷では、「人脈をいかに増やすか」というノウハウが声高に語られています。しかし、これまで数多くの成功していく男性と出会ってみて、ある1つの特徴に気づきました。それは、成功していく人ほど、人脈を増やしたがらないのです。


実はこの本で一番びっくりしたのがこのポイント。普通は人脈を増やすべきだというアドバイスが多いのですが、そうではないのです。それはなぜかというと、

「(人脈を増やしすぎると)自分の時間が少なくなる。1人にかけられる時間も気遣いも減るから、自分を期待してくれた人に対して不義理をしてしまう。人脈を増やしすぎると、結局は自分の首を絞めることにもつながる」


成功者は、本当に必要なというか、大事な人としか付き合いたくないのです。端的に言えば、どうでもいい人とは「時間の無駄」だからです。だからあえて、

自分にとって優先順位の低い人脈は切って、捨てる潔さを持っている


のだそうです。会合でいっぱい名刺をもらっても、帰ったらすぐ全部捨てるのだとか…。

5.嫌われても意志を貫く

 

私が今まで出会った男性で上昇気流に乗っていく男性は、いざというときに周囲にどう思われようと、「NO」を貫き通す頑固さを持っているのが特徴です。

 

これは日本人は苦手とするところかも。しかし、いい子ぶってばかりではいけないのです。

著者も言うように、納得もしないで相手の言うことを聞いて、ダメージを食らった時に、一番誰が損をするかと言ったらやはり自分です。だから、

他人に強く勧められても自分で心底納得できないことは、嫌われてでも断るべきなのだ


わかりました!わたしも、これからは拒絶します!

6.成功者はあえて地味にふるまう

 

成功の階段を着実に上がっていく人は、通常は人目にあまりわからないように、わざと地味にふるまいます。


成功すると、けっこういろんな人たちがたかってきます。特に金を持っているようなそぶりを見せると、ハイエナのごとく、いろんな輩が群がってくるのです。

そういうやつらと距離を置くために、成功する男はわざと地味にふるまうそうです。

その振る舞い方がこちら。

◎顔写真をあまり出さない(顔を覚えられと面倒だから)

◎外見をわざと地味にしている(愛用ブランドはユニクロの場合も)

◎目立つ場所にあまり行かない(派手なパーティーはめったに行かない)

◎裕福なそぶりを隠している(景気のいい話をあまり言わない)

成功者が足元をすくわれずに階段を上がってこられたのは、こうした傾向が見てとれます。

 

まとめ


それで、この本を読んで思ったのは、成功する男って女にもてるんだなってこと。まあ、合コンアナリストの著者が言うんですもん。

ビジネスも恋愛も同じこと、どちらも成功してこそ、真の成功した男だと思い知らされる内容となっております。

しかし、この本のような男になることはそれほど難しいことではないと思います。実践あるのみ!ぜひ、一読を!

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

(記事編集) http://marusamu.com/blog-entry-689.html

2013/01/05 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 成功する男の共通点とは?

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback