マルサム日記お買い得な商品のご紹介やちょっとためになる情報などをご提供します! 

更年期障害を周知させることでバカ売れ「命の母」 誰でも飲める漢方だからおすすめです!

   ↑  2014/10/02 (木)  カテゴリー: 商品 雑貨

2014-09-28 14.58.49

2014.9.28の日経流通新聞をながめているとこんな記事。

小林製薬の女性向け大衆薬「女性保健薬 命の母A」の販売が好調だ。更年期障害による疲れやすさや多汗などを和らげる薬で、発売から111年がたつが2014年の売上高はシリーズ全体で27億円と06年比で約3倍となった。

命の母とはこれ↓ 更年期障害の様々症状を緩和してくれる薬です。

2014-09-28 14.40.14

すごいですね~。結構マイナーなイメージの薬ですが堅調に売れているようです。それと、驚くことに命の母はなんと111年前から販売されているそうです。

元々は笹岡製薬というところで販売されているものを2005年に小林製薬が販売権を引き継いだとのこと。

ここからが小林製薬のすごいところ。「更年期障害」という症状の認知度が低かったために、あまり命の母は売れていませんでした。それならば命の母を売るために更年期障害の認知度を高めようと3つの方策をとります。

1.購買層と同世代の女優の原日出子さんをテレビCMに起用

同世代の女優を起用することで、更年期障害に悩む人ってこれぐらいの女性で、もしかしたらわたしもそうなのかも?というような共感をよぶことができますね。

2.ドラッグストアーや大型スーパのイベントなどでパンフレットを配る

ドラックストアーやスーパーの買い物客は、ちょうど更年期にかかる年代の女性のが多いのでパンフレットを渡す頻度が高まります。

3.消費者の声を聞くために1年に1回以上開くグループインタビューを重視

いったい更年期障害とはどんなものなのか、インタビューによりさまざまな症状の統計がとれます。そうすることで同じ症状に悩む方にたいして、それは更年期障害なんだよとアピールすることができます。

以上のようなやり方で段々と更年期障害の認知度が上がり、命の母も売れていったとか。それとやはり、この命の母は効くんでしょうね。そういう口コミも広がるという相乗効果があったと思います。

さて、この命の母は基本的に漢方みたいなものなので誰でも副作用の心配なく飲めます。

inotinohahasyou

しかし、漢方なので飲んだらすぐ効くというものでもありません。飲み続けることによって体質を改善していく薬です。なので容量の大きなものの方がお得なのでおススメです!

命の母の一番容量の大きなタイプは840錠です。ちなみに当店、皆様のためにネットよりも安い

3791円にてご提供しています!

まあ、わたしにゃ更年期障害なんてわからないので他人ごとではありますが、ちょっと気にかかる方は早めに飲まれることをおススメします!

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

(記事編集) http://marusamu.com/blog-entry-780.html

2014/10/02 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 更年期障害を周知させることでバカ売れ「命の母」 誰でも飲める漢方だからおすすめです!

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback