マルサム日記お買い得な商品のご紹介やちょっとためになる情報などをご提供します! 

わたしが見たモンスタークレーマー

   ↑  2014/11/11 (火)  カテゴリー: おもしろ
Boss

ちょっと前に話題になりましたコンビニでの事件。たしかコンビニの店長たちを土下座させ恐喝し、その動画をなぜかわかりませんが公開した事件です。それに関するニュースがありました。

コンビニ土下座で被告に皮肉な過去発覚 営業の仕事で土下座していた - ライブドアニュース

土下座を強要し恐喝した加害者も、過去に営業で土下座をしていたとかなんとか。記事では、ここ最近の「顧客重視」のいき過ぎが、モンスタークレーマーを増やしている。だから、いき過ぎた「顧客重視」を見直したらどう?とおっしゃっております。

大変ありがたいことに、うちの店ではモンスター級のクレームはありません。土地柄なのか、こちらに非があっても笑って許していただける懐の深さがあるお客様が多いです。

が!

これでもわたくし、過去に何度かモンスタークレーマーに遭遇したことがあります。とくに記憶に鮮明に残っているモンスタークレーマーがこんな感じの人。

☆携帯ラジオが受信できねえぞ!

Vintage Radio Display

東京は足立区で今はなきホームセンターで仕事していました。配属されていた部署は電化製品部門。

あるとき、展示品のテレビで流していた「マトリックス」をボーっと見ていたら電話が鳴り、応答してみるといきなり、

「お前のとこで買った携帯ラジオが受信できねえぞ!責任者出せ!!」

そんなことで怒鳴らなくてもと思いつつ、そのとき下っ端だったわたしはすぐに「はいは~い、少々おまちくださ~い」と上司に引き継ぎ、また「マトリックス」を見てました。

「マトリックス」を見おわると、その上司がなんと!まだ電話している。もうかれこれ、1時間。なにやら「そうですねえ、もうしわけありません。はいはい」などとあやまっている。

まあ、責任のない無責任なわたしは、知らん顔して展示品のテレビで流していたワイドショーを見てました。そして、1時間くらいたったところでふとカウンターに目をやると、

ええーっ!!まだ電話してる!!!

なんと、上司はそのクレーム客とまだ電話してました。

980円の携帯ラジオのクレームで

2時間もww

あとから上司に聞くと、商品の管理が悪いだの、店の雰囲気が悪いだの、社長がハゲてるだの、ラジオと関係のないことをしゃべり続けたらしい。

なんだかんだで電話が終わったとき、上司が本音をポロリ、

「なんだこいつ!ぶっ殺してやりてえよ!」

まあ、そう思うよなあ、と他人事ながら同情していると、

「おい!ちょっと、そいつんとこ行って、ラジオ交換してきてくれ」

えええええええ!!!まじっすか!!

◎出てきたのはゴラム

Ambassador Apartments (Breadalbane Block), Winnipeg

こういうクレームのあったとき、ふつう2人で行くもんじゃね?携帯ラジオで2時間もごねる客ってどんな奴だよ。もし、堅気のひとじゃなかったらオレ、帰れないじゃん…。と、ぶつくさ言いながら、ひとりでクレーム客のところに行きました。

着きましたけど、なんかボロアパート。ピンポ~ンして出てきたのがこんなやつ。

Gollum

ロードオブザリングに出てきた

ゴラムww

年のころは20代後半から30代。頭はハゲ散らかって、身長低く、痩せぎす。ただ、目が俗にいう三白眼で性格の悪さを物語っている。

「ちょっとはいって、ラジオを見てくれよ」というのでしかたなく部屋へ入りますが、まあ、汚い部屋ww

ゴミが散乱してるは、エロ本は散らばっているは、なんなんだ。おまけにくせーしww

◎そりゃあ、受信しないだろ…

Surprise yourself - فاجئ نفســــك ..

ゴラムが「見てくれよ、全然受信しないだろ?」とラジオを手にしている。

ゴラムの動作をよく見ると、携帯ラジオの横についているチャンネルを合わせるダイヤルを、クルクルクルクルとおもいっきり回している。

・・・。

そりゃあ、受信しないだろ。ふつう、ダイヤルをゆっくり回しながらチャンネルを合わせるんちゃうんけ?

「ちょっと貸してください。はい、ちゃんと受信できますね」と丁寧にダイヤルを回してチャンネルを合わせてあげました。

ゴラム:「あれ、ほんとだな。でもよ、おまえみただろ?最初、全然受信しなかったよな?」

(そりゃあ、するわけねーだろ。あんだけクルクル回してりゃあ!!)と思いつつ、ここで反論すると監禁されそうなので、

オレ:「そうですね、もしかしたら不良かもしれないので新しいものと交換しときますね」

ゴラム:「そうだよな、ぜってえ、不良だよこれ」

な、なんなんだこいつは、パラノイアか。こわいこわーい。

ということで、あまりにも怖くなったのでさっさと新しいラジオと交換し、撤退しました。ゴラムと会って立ち去るまでの所要時間およそ

5分ww

それからというもの、ゴラムはうちの店に来ていません。おそらく上司の殺気を感じたのでしょう。

☆あとがき

Monster Murder Mystery

モンスター級といっても、土下座を強要されたり金品を恐喝されそうなったりということはないので、まあ、上記の人はマシな方かもしれません。

ましてや多大な迷惑をこうむったのは私の上司ですしww

なのでわたし自身が迷惑をこうむったモンスター級のクレームとかはないですね、ありがたいことです。

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

(記事編集) http://marusamu.com/blog-entry-834.html

2014/11/11 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: わたしが見たモンスタークレーマー

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback