マルサム日記お買い得な商品のご紹介やちょっとためになる情報などをご提供します! 

キシリトールガム「キシリッシュ」が安い!でも食べすぎると下痢になるから気を付けてね♡

   ↑  2014/11/07 (金)  カテゴリー: 数量限定(菓子)

2014-11-02 09.24.51

これは結構安いのではないんかい?ということでご紹介。

明治のキシリトールガム「キシリッシュ」です。

3種類のお味がございます。

2014-11-02 09.25.18

なんとネット価格よりも3割安い激安品です!すぐになくなると思われるのでお買い求めはお早めに~!

 

食べすぎると下痢しますのでお気を付けを

キシリトールは歯を丈夫にするということで、さまざまなガムに入っています。しかし、忘れてはならないのは、実はキシリトールには下剤の作用もあるんでございます。

キシリトールは他の糖アルコールの大部分と同様、弱い下剤の働きをする。

引用元:キシリトール - Wikipedia

そして、ガムの入った容器にはちゃんと注意書きがあります。

2014-11-06 12.03.22

キシリトールになぜ下剤のような作用があるのかは知りません。しかし、その強烈な作用に何度もわたし、身をもって体験しました。

もれそうなとき、本当に脂汗が出るの巻

毎週木曜日は金沢の花市場でセリがあるため朝早く起きます。まだ薄暗いなか、トラックで高速を走っているときはもう眠くてしょうがない。また、セリは長丁場。気を張っているがこれまたけっこう眠くなる。

なので、事故防止のため、ちゃんとした花を仕入れるため、ひっきりなしに眠気覚ましとしてキシリトールガムを食べる。食べる量はハンパありません。すごいときには、1日で1ボトルを食べきったことがあります。

あるとき、朝のトラック運転中から食べ、セリ中に食べ、花をトラックに積み込んでいるときも食べと、だいたいボトルの半分くらいキシリトールガムを食べた。

そして積み込み終わっての富山への帰り道。場所は不幸にも北陸自動車道の不動寺パーキングエリアを過ぎたあたり。

ぎゅぴりゅりゅぎゅじゅりゅうううううう、きゅぷ!

といきなり下腹が鳴り出し、強烈な便意をもようしたのであります!

これは、完全に

下痢の予感!!!

すぐ後ろに遠ざかる不動寺PA……、本気で路肩に止めてダッシュして戻ろうかと思ったがムリ。そうだ、なんとか次の小矢部サービスエリアまで我慢できるのでは?

このときわたしの脳は、スーパーコンピューター以上の演算能力を発揮!

小矢部SAまで距離にして15km、速さ方程式「ハジキ」で時間をすばやく計算。現在時速80km、到達まで約20分!いける!

よし、加速せよトラック!

耐えよ肛門!!

さて結末はいかに!?

と、書いていてバカバカしくなったので結末をいうと、なんとか肛門様の踏ん張りのおかげで小矢部SAまで持ちました。

それはともかく、なにかを猛烈に我慢すると人は「脂汗をかく」といいます。まさかそんなわけないだろうと思っていましたが、あれ、

事実です!!

ということで、キシリトールガムの食べ過ぎは注意してください。

1日に15個までキシリトールガムを食べてよい

それではキシリトールは1日にどのくらい食べていいのか?なんと検索したら、わざわざ調べていたサイトがありました。

キシリトールで下痢になる量とは?危険なラインはココ!

キシリトールをとってよい1日の量は20~30gだそうです。

それで、このサイトではその分量から、キシリトールガムをいくつ食べてよいか計算されております。

それによると、1日に食べてよいキシリトールガムの個数は、

15個です。

あくまで大人が食べていい量です。子供はもっと少ないですのでお気をつけを。

ということはワタクシ、あの脂汗まみれた魔の20分間の日はなんと50個ぐらい、それも半日で、

完食ww

それはそれは下痢になります。

とうことで、歯に良くても食べ過ぎは肛門様に迷惑かけますので、なにごとも適度にお願いします。

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

(記事編集) http://marusamu.com/blog-entry-841.html

2014/11/07 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: キシリトールガム「キシリッシュ」が安い!でも食べすぎると下痢になるから気を付けてね♡

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback