マルサム日記お買い得な商品のご紹介やちょっとためになる情報などをご提供します! 

洗濯の洗浄力をアップさせたいなら「セスキ炭酸ソーダ」がおススメ!

   ↑  2014/11/21 (金)  カテゴリー: 家庭日用品

2014-11-11 20.04.36

洗剤で洗濯物を洗っても、いまいち汚れの落ちが悪かったりしたことありませんか?そんなときにご紹介します、こちらを入れてみることをおススメします。

丹羽久(ニワキュー)の「セスキ炭酸ソーダ 洗濯用」です。

2014-11-11 20.05.24

セスキ炭酸ソーダとは、炭酸ナトリウムと重曹が混ざったもので、水に溶けやすいパウダー状の粉です。そして、環境にやさしい洗剤として有名になりました重曹よりもアルカリ性が強く、油汚れなどをよく落としてくれます。

ちなみに「セキス」とは、「1.5倍」を表す接頭語らしいです。

セスキ (sesqui-) は1.5倍を表す接頭辞なので、「セスキ炭酸ナトリウム」という名称はナトリウム1に対して炭酸1.5が含まれている塩を意味する。

引用元:セスキ炭酸ナトリウム - Wikipedia

wikiでは「炭酸ナトリウム」とかいてありますが「炭酸ナトリウム=炭酸ソーダ」でして、ようは塩:1に対して炭酸が1.5倍も入っているいるから「セスキ炭酸ソーダ」。

それではなぜ、このセキス炭酸ソーダを洗濯洗剤に入れるといいのでしょうか?

丹羽久のサイトからご紹介!

内モンゴル天然重曹 丹羽久

☆ 洗剤の洗浄力を150%も高めてくれる

niwakyu sesukitannsannsoda

セスキ炭酸ソーダは弱アルカリ性です。アルカリ性が強いほど油汚れが落ちやすくなります。

それで洗剤にセスキ炭酸ソーダを足すことで、アルカリ度が増し洗浄力がアップするのです。

ニワキューさんの試算では、液体洗剤に入れたときに洗浄力がなんと150%もアップするということです。ちなみに粉洗剤に入れると130%の洗浄力アップ。

しかし、セキス炭酸ソーダを入れたときの液体洗剤と粉洗剤の洗浄力アップ度の違いはなにか?

◎ 液体洗剤よりも粉洗剤のほうが洗浄力が高い

最近主流となりました液体洗剤。実は粉洗剤よりも洗浄力が低いそうです。しかし、粉洗剤は洗い残しがある、すすぎをたくさんしなければいけないなどのデメリットが目立ちます。

それで液体洗剤を使う人が多くなったのですが、セキス炭酸ソーダを入れることで粉石けんに負けないぐらいの洗浄力を発揮します。

だからこそ液体洗剤を使う人には、セキス炭酸ソーダがおススメなのです!

そして、セキス炭酸ソーダの使い方はいたって簡単。

☆ 洗濯機に直接入れるだけ!

2014-11-11 20.05.59

洗濯におけるセキス炭酸ソーダの使い方はいたって簡単。直接洗濯機に入れるだけ。

セスキ炭酸ソーダを入れる分量は画像の使用量の目安、「他の液体洗剤と併用」の欄を参照してください。ちなみに計量スプーンはちゃんと付属されておりますのでご安心を。

☆ まとめ

じつは洗濯洗剤と混ぜなくても、セスキ炭酸ソーダだけでも洗濯はできます。下着やタオルなどそれほど汚れを目立たない衣類では、セスキ炭酸ソーダで十分に汚れは落ちます。

また、セスキ炭酸ソーダは界面活性剤や着色料など入っていない完全な無添加。だって、ただの塩ですもん。

だから、皮膚の弱い方やアトピーの方などの洗濯物を洗うためにセスキ炭酸ソーダを使うと、汚れは落としてくれ、なおかつ安心安全と一石二鳥です。

ちょっと普通の洗剤だけでは汚れ落ちが悪いとお感じのみなさま、どうでしょうか?セスキ炭酸ソーダを入れてみては?

おススメです!

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

(記事編集) http://marusamu.com/blog-entry-862.html

2014/11/21 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 洗濯の洗浄力をアップさせたいなら「セスキ炭酸ソーダ」がおススメ!

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback