マルサム日記お買い得な商品のご紹介やちょっとためになる情報などをご提供します! 

このページの記事目次 (カテゴリー: ニュース

← 前のページ  total 6 pages  次のページ →  

ホームページってそういう意味だったのか!初めて知った驚愕の事実!!

   ↑  2014/11/15 (土)  カテゴリー: 雑学

My personal Web site

言葉の意味の取り違えをすることはよくあります。とくに和製英語などは間違った使い方をしたりと、あとで知ってびっくりすることがあります。

それで今年始まって以来の衝撃!ということで、初めて知ったのが「ホームページ」という言葉の使い方。

こちらのサイトで知りました。

「ホームページ」っていうのは今はとっても恥ずかしいから使わないようにしよう | More Access! More Fun!

 

☆ ホームページという言葉は、ウェブサイトのトップページのこと。

わたくし、ネット暦10数年にしてはじめて知ったことですが、いろいろな企業が掲載しているサイト全体のことを「ホームページ」だと思っていました。

しかし、「ホームページ」というのは、サイトのトップページ、別名「ホーム画面」のことだったのです。

marusamuho-mu

つまり、画像上にある「HOME」というボタンを押して戻る一番初めのページだけを「ホームページ」とよぶ。だから全体を総称して「ホームページ」といってはいけないわけで、それは「ウェブサイト」または「サイト」といわなければならないのです。

ホームページという言葉は本来、ウェブブラウザを起動した際に表示されるウェブページの事を指す。 また、一部の辞書では本来の意味としてウェブサイトのトップページの用法をあげている。
それ以外の用法は誤用とされる場合が多いが、既存のメディアを含め言葉の誤用が広まり現在では上記のように別の意味としても広く使われるようになった。

引用元:ホームページ - Wikipedia

wikiにも「誤用」でございますと書いてありました。ということで「ウェブサイト=ホームページ」ではないので気をつけましょう。

☆ 「ホームページ制作します」というネット屋さんに頼んじゃだめよ

それで先に紹介しましたサイトの永江さんは、ウェブサイトの制作を頼むときは、「ホームページ制作」などといっているところはやめとけ、といっておられます。

昨日のメルマガで、「制作会社の選定はどのようにしたらよいのか」という質問があったわけです。で、その方が発注しようとしている会社のURLを見たら・・・「ひどい、10年前の知識かよ・・」という感じでした。もちろん名前とか挙げると営業妨害なので出してませんが。
そこで、簡単に、「センスの無い制作会社の見分け方」として今どき「ホームページ」という言葉を使ってるというところはヤバい!!ということを書きました。

引用元:「ホームページ」っていうのは今はとっても恥ずかしいから使わないようにしよう | More Access! More Fun!

ということで、サイトなどの制作を頼むときには「ホームページ」という言葉と使っている制作会社に頼んじゃだめよ、プロのネット屋さんならそんな言葉使っちゃだめよ、だそうです。

それで、そろそろうちの会社のサイトも一新し、ブログももっとスタイリッシュなものにしたい!どっかに頼もう!ということで、富山の制作会社を検索してみました。

☆ 富山のサイト制作会社を検索!そしたら驚愕!

まずは、「ホームページ 制作 富山」で検索。

homepageseisaku

まあ、検索に「ホームページ」といれればトップページから「ホームページ制作します」という会社が出るのは当たり前。

それでは「ウェブサイト制作します」という一流どころの制作会社を探すため、「ウェブサイト 制作 富山」で検索。

homepageseisaku12

え!?ない!

どこもかしこも「ホームページ制作」ww なかには「ホームページ制作・WEB制作」と誤併記もございますがいかがいたしましょう。

ということで、検索のトップページからしてこれではちゃんとした制作会社がないのかもしれないので、サイトとブログの一新はやめますww

めんどうなので画像は載せませんが「ウェブサイト 制作 東京」で検索しても、トップページにしてなんと「ホームページ制作」と書いてないところがたったの2件…。東京にしてこれですか。

ちなみにいつも見ていますこちらのサイトさんは、検索のトップページにて現れる「ウェブ制作」会社、上野の台東区にあります「LIG」です。

株式会社LIG | 台東区上野にあるウェブ制作会社

毎日複数の役に立つ面白い記事を発信しており、非常に楽しめるサイトとなっておりますと褒めましたのでわたしのサイト作ってくれませんか?

しかし、この結果はしかたがないと思います。だって、一般の人は「ホームページ」と「サイト」の区別なんてしておりません、というか、わたしのように知りません。

それでいざ、サイトを作ってもらおうとネットで検索するときは必ず「ホームページ」と入れます。

だから多くのネット制作会社さんは、ホームページという言葉を入れておかないと検索にも引っかからないから、ダメなこととは知っていてわざと入れているんではないかと勝手に考えております。

ということで、全世界で「ホームページ=ウェブサイト」と誤用しているのは日本と一部の国だけらしいので、そっから教育してください日本政府。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

(記事編集) http://marusamu.com/blog-entry-851.html

2014/11/15 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

おめでと、日本。ホンジュラスに圧勝だったね。すごいよ、あんたたち。

   ↑  2014/11/14 (金)  カテゴリー: エンタメ

本日金曜日は、数少ない早番ということで早く帰宅しました。金曜日に早く帰宅する、唯一の楽しみは19時30分から放送されます「クレヨンしんちゃん」!

それで、楽しみにしていたら本日はクレヨンしんちゃんが放送されないとのこと、娘に指摘されました。

なんでや!

サッカーです。キリンチャレンジカップ2014 日本対ホンジュラス。あそう。ちなみにわたくし、小学校から高校までサッカー部でした。しかし、まったくこの年ではサッカーに興味がありません。

しかし、なぜか珍しく、ヨメがいきなりチャンネルを変え、テレビの前に陣取りキリンチャレンジカップ2014、日本対ホンジュラス戦を観戦。そのわけは?

うちのヨメは内田篤人の大ファン!

uchida_02

日本代表に復帰したとかで、ヨメ大喜び。ま、どうでもいい。

しかし気になったのは、本日の日本の対戦相手、ホンジュラス。最初人名と思ったんですが、なんと国名。なんですか、どこの国ですかホンジュラス。

ホンジュラスは中米にあります国

ホンジュラスは中米にある国です。うえはグアテマラ、下はニカラグアに囲まれています。

ま、詳しく知りたい方はwikiでも見てください。

ホンジュラス - Wikipedia

なんと人口はたったの750万人。すくな!

それでホンジュラスのFIFAサッカーランキングは、

FIFA 世界ランキング / サッカー - TSP SPORTS

honnzyarasu

ホンジュラス69位。ちなみに日本は52位。

勝って当たり前、負けたら切腹もの。おめでとう日本。

と、いうことで勝って当たり前のサッカー中継のおかげでクレヨンしんちゃん、

見れんかったやんけ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

(記事編集) http://marusamu.com/blog-entry-858.html

2014/11/14 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

真昼中に飲むサントリー「真夜中の至福」はうまい!

   ↑  2014/11/13 (木)  カテゴリー: 流通・新商品

mayonakanosihuku

たまたまローソンに寄ったらこちらのビールが売られていました。

サントリー「真夜中の至福」ビールです。

コンビニ限定発売で、うちみたいな小売りでは売られていません。よく、こういうコンビニ限定品のビールを酒好きな私はよく買います。ということで飲んでみました。

2014-11-12 15.04.03

 

真昼間から飲むから「真夜中の至福」ではなく、

「真昼中の至福」

痛い痛い視線を感じながら、まっ昼間から飲むビールはサイコー!

2014-11-12 15.04.36

シュワっといい感じに写メ取れました。BGMはヨメの罵声と子供の奇声。飲んでみます!

おお!うま~い!

ん?

しかし、なんか飲んだことのある味。思い出した、ほとんどこれといっしょ。

サントリーのプレミアムモルツ、ほとんどこれの味。ま、作り方がほとんど一緒でござますから、当たり前です。

デコクション製法がビールをうまくする

dekokusyonnseihou

ちなみに「真夜中の至福」は、プレミアムモルツと同じくデコクション製法で作られているそうです。だから、「真夜中の至福」は「プレミアムモルツ」とほぼ似たような、たしかにおいしいんですが、味になります。

それでデコクション製法とは、プレミアムモルツを試飲しているサイトに書いてありました。

現在は、釜に麦芽とお湯を入れ、徐々に温度を上げていくインフュージョン製法が主流だが、「ザ・プレミアム・モルツ」はデコクション製法を採用している。
デコクションは、糖化の際にマッシュ(砕いた麦芽とお湯が混ざった粥のような状態)の一部を別の釜に取出し100℃に加熱し、再び釜に戻すことによって温度を上げていく方法である。手間もかかるし、別の釜も使うためスペースも必要になる。

引用元:サントリー「新ザ・プレミアム・モルツ」工場探訪 | 日本ビアジャーナリスト協会

よくわかりませんが、通常のビールの製法よりも手間ひまがかかるということです。それがプレミアムモルツ、そして「真夜中の至福」のおいしさにつながっているわけです。

ということで後ろめたさを隠すため、「真夜中の至福」を飲みながら「オレは仕事しているんだ、邪魔するな!」とこのブログを書いておりますが、そろそろ遊んでいるとバレそうなのでおひらき!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

(記事編集) http://marusamu.com/blog-entry-853.html

2014/11/13 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

スーパー「ヤオコー」のパート社員洗脳術がすごい!

   ↑  2014/11/12 (水)  カテゴリー: ビジネススキル

82330_17-01toro

テレビ東京で放送されている「ガイアの夜明け」が、富山では遅れて日曜日に放送しています。たまたま休みだったのボケッとこちらの番組内容を見ました。

日経スペシャル ガイアの夜明け : テレビ東京

「今こそ、主婦力で売る」というタイトル。いわゆる「主婦から目線」の力を活用し、商品を売っていこうという活動をしている企業を取材した内容です。

番組内容の中でとくに目を引いたのが、埼玉県に本社があるスーパーマーケット「ヤオコー」のパート社員の働かせ方。

ちなみにヤオコーは関東を中心として130店舗ほどある大企業。売り上げは2014/3月期でなんと2600億円!このご時勢にもかかわらず、25期連続で増収増益している優良企業です。

食生活提案型スーパーマーケット ヤオコー MARKETPLACE

番組では、従業員の約8割をパートさんで占めるヤオコーが、いかにパートさんたちのやる気を高めるためにさまざまな方策をとっているのかを放送していました。

前向きに見れば、これほどパートさんたちにとって働きがいのある店はないだろうということになる。

しかし!

わたしから見れば、なんとこれはすばらしいパート洗脳術かと感動してしまった。

あたりまえのことですが、パートタイマーの給料は「時給」で決まります。極端にいえば、1時間のあいだ、ボケッと立っているだけでも給料はもらえる。また、どんなにがんばって会社の売り上げに貢献しても給料は働いた時間分しかもらえない。

そこで会社はいかに、時給という固定給にもかかわらず、パートさんにやる気を持って働いてもらうのかを考えねばならない。

つまり、ボケッとしているだけでも給料はもらえると悟らせず、やる気を持たせ会社のために働くことが生きがいとなるようパートさんを「洗脳」しなければならない。

それで、パートさんのやる気を高め、どんなに働こうとも時給は変わらず文句もいわせず働かせる洗脳術に長けたのが「ヤオコー」なのです。

それではヤオコーのすばらしいパート洗脳術を3つ、ご紹介いたします。

1.仕事の権限委譲をどんどんする

SuperMarket

ヤオコーでは社員もパートも仕事内容は同列に扱われます。番組ではパートさんに、レシピを考えてこさせたり、ある商品が売れるようにポップを書かせたりとさまざまな仕事を与えられていました。

はたから見るとそれはふつう、社員がやる仕事なんじゃないかということまでやらされる。

しかし、そのような仕事を与えられることでパートさんには責任感が生まれる。また、自分のしたことが、たとえば商品が売れたという結果につながり満足にもつながる。

そのような仕事を与えられると悲しいかな、仕事はどんどん面白くなり、ますますがんばるようになる。番組でのパートさんは、家に帰ってからもレシピを作ったりと会社のために働いておりました。

ま、ここが洗脳といえども、パートさんは楽しんでいるからいいとは思います。だが、これだけ働いても給料はかわらない。しかし、会社はどんどん儲かるのです!これほど効率のいい働かせかたはない。

もし、パートさんに時給以上の働きをしてもらいたければ、どんどん仕事を与えよ!責任を与えよ!とうことです。そうすることで、わたしは頼られている、わたしが頑張らないといけないんだ!と洗脳され、給料以上の働きを見せてくれることになるでしょう。

2.少しでもいいからボーナスを与える

Money Money

ヤオコーではパートさんでも会社の業績によって年に1回、ボーナスがもらえるそうです。

番組ではパートさんが給料明細を見せていました。それでもらっていたボーナス額は約5万円。

このパートさんは、レシピを作ったりポップを作ったりとものすごく店の売り上げに貢献している。そのパートさんにして、年1回のボーナスがたったの5万円。月に換算して4166円。

おそらくこのパートさんは、その何倍もの利益をお店にもたらしていると思われます。しかし、パートさんはこれだけもらえてうれしい、今後ももっとがんばると言っておられました。

かのマキャベリは「君主論」でこう述べている。

恩恵は、よりよく人に味わってもらうように、小出しにやらなくてはならない

ここで「恩恵」を「ボーナス」または「給料」と読みかえるとわかりやすい。

人の心理として、恩恵や給料、ボーナスは、少なくもらおうと多くもらおうと、もらったという感謝の大きさは変わらない。それであれば、小出しにして恩を着せたほうがいい。

はたから見たら、働いた見返りとしては異常に少ないボーナス。しかしもらった本人は大満足で、ますますがんばって働くことになるのです。

ヤオコーはマキャベリズムを地でいく恐ろしい企業です。これは見習うべき。少なくてもよいから「ボーナス」を与えよう。そうすれば、与えたボーナス以上の働きをパートさんは見せてくれるに違いありません。

3.互いに競わせる

Conflict Competition ..

ヤオコーでは年に何回か全店合同のコンテストがあります。番組では、ステーキ肉をどの店が1番売れるかというコンテストをやっていました。

パートさんたちはおお張り切り。やるからには1番をとってみせると、独自のレシピを考え実演販売。毎日、全店の売り上げ速報が流れ、現在自分のお店が何位かを知らされる。それがまたみんなの競争心に火を点ける。

人は生まれ持った闘争本能というものがあります。それを刺激されると、目先のことよりいかに相手に勝つかということに集中する。

たとえば、住民運動会など、1位になることで金が当たるわけでもないのに、純粋に相手に勝つことだけを目標にみんながんばってしまう。そして、競争に勝ったとしても得るのは「名誉」と「自己満足」だけ。

ヤオコーはそんな人間の闘争本能をかき立て働かせるすべに長けています。パートさんたちは売り上げ1番を取るために競い合い、競い合うことで結果として店の売り上げはどんどん上がる。それは会社の1番の目標とも一致するので、めちゃくちゃ合理的な方法です。

しかし、ここが大事なのですが、このコンテストで1位になったところで何も当たらない。会社から表彰されるだけ。得るものは「名誉」と「自己満足」だけです。そして残るのは、経費もかけずに売り上げが挙がった会社の利益なのです。

これほど会社にとって都合のよい働かせ方はない。ヤオコーを見習うべきです!従業員を競わせろ!目標は「売り上げ」。そうすることで、経費をかけずに売り上げを上げることができるのです!

☆まとめ

小売業はとくにそうですが経費削減のために、従業員のパート・アルバイト比率がものすごく高くなっています。

そういう状況のなかで会社の課題はいかにパートさんに働いてもらうか、それもどれだけ働いても変わらない時給で!

ということでヤオコーさんのパートさん洗脳術を参考にしてみてはいかがでしょうか。

ちなみにこちらの本もパートさん洗脳術が参考になりますのでオススメ!

感謝・感動・感涙経営
感謝・感動・感涙経営
posted with amazlet at 14.11.10
鎌田 真司
商業界
売り上げランキング: 272,344

スポンサーリンク

スポンサーリンク

(記事編集) http://marusamu.com/blog-entry-847.html

2014/11/12 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

わたしが見たモンスタークレーマー

   ↑  2014/11/11 (火)  カテゴリー: おもしろ
Boss

ちょっと前に話題になりましたコンビニでの事件。たしかコンビニの店長たちを土下座させ恐喝し、その動画をなぜかわかりませんが公開した事件です。それに関するニュースがありました。

コンビニ土下座で被告に皮肉な過去発覚 営業の仕事で土下座していた - ライブドアニュース

土下座を強要し恐喝した加害者も、過去に営業で土下座をしていたとかなんとか。記事では、ここ最近の「顧客重視」のいき過ぎが、モンスタークレーマーを増やしている。だから、いき過ぎた「顧客重視」を見直したらどう?とおっしゃっております。

大変ありがたいことに、うちの店ではモンスター級のクレームはありません。土地柄なのか、こちらに非があっても笑って許していただける懐の深さがあるお客様が多いです。

が!

これでもわたくし、過去に何度かモンスタークレーマーに遭遇したことがあります。とくに記憶に鮮明に残っているモンスタークレーマーがこんな感じの人。

☆携帯ラジオが受信できねえぞ!

Vintage Radio Display

東京は足立区で今はなきホームセンターで仕事していました。配属されていた部署は電化製品部門。

あるとき、展示品のテレビで流していた「マトリックス」をボーっと見ていたら電話が鳴り、応答してみるといきなり、

「お前のとこで買った携帯ラジオが受信できねえぞ!責任者出せ!!」

そんなことで怒鳴らなくてもと思いつつ、そのとき下っ端だったわたしはすぐに「はいは~い、少々おまちくださ~い」と上司に引き継ぎ、また「マトリックス」を見てました。

「マトリックス」を見おわると、その上司がなんと!まだ電話している。もうかれこれ、1時間。なにやら「そうですねえ、もうしわけありません。はいはい」などとあやまっている。

まあ、責任のない無責任なわたしは、知らん顔して展示品のテレビで流していたワイドショーを見てました。そして、1時間くらいたったところでふとカウンターに目をやると、

ええーっ!!まだ電話してる!!!

なんと、上司はそのクレーム客とまだ電話してました。

980円の携帯ラジオのクレームで

2時間もww

あとから上司に聞くと、商品の管理が悪いだの、店の雰囲気が悪いだの、社長がハゲてるだの、ラジオと関係のないことをしゃべり続けたらしい。

なんだかんだで電話が終わったとき、上司が本音をポロリ、

「なんだこいつ!ぶっ殺してやりてえよ!」

まあ、そう思うよなあ、と他人事ながら同情していると、

「おい!ちょっと、そいつんとこ行って、ラジオ交換してきてくれ」

えええええええ!!!まじっすか!!

◎出てきたのはゴラム

Ambassador Apartments (Breadalbane Block), Winnipeg

こういうクレームのあったとき、ふつう2人で行くもんじゃね?携帯ラジオで2時間もごねる客ってどんな奴だよ。もし、堅気のひとじゃなかったらオレ、帰れないじゃん…。と、ぶつくさ言いながら、ひとりでクレーム客のところに行きました。

着きましたけど、なんかボロアパート。ピンポ~ンして出てきたのがこんなやつ。

Gollum

ロードオブザリングに出てきた

ゴラムww

年のころは20代後半から30代。頭はハゲ散らかって、身長低く、痩せぎす。ただ、目が俗にいう三白眼で性格の悪さを物語っている。

「ちょっとはいって、ラジオを見てくれよ」というのでしかたなく部屋へ入りますが、まあ、汚い部屋ww

ゴミが散乱してるは、エロ本は散らばっているは、なんなんだ。おまけにくせーしww

◎そりゃあ、受信しないだろ…

Surprise yourself - فاجئ نفســــك ..

ゴラムが「見てくれよ、全然受信しないだろ?」とラジオを手にしている。

ゴラムの動作をよく見ると、携帯ラジオの横についているチャンネルを合わせるダイヤルを、クルクルクルクルとおもいっきり回している。

・・・。

そりゃあ、受信しないだろ。ふつう、ダイヤルをゆっくり回しながらチャンネルを合わせるんちゃうんけ?

「ちょっと貸してください。はい、ちゃんと受信できますね」と丁寧にダイヤルを回してチャンネルを合わせてあげました。

ゴラム:「あれ、ほんとだな。でもよ、おまえみただろ?最初、全然受信しなかったよな?」

(そりゃあ、するわけねーだろ。あんだけクルクル回してりゃあ!!)と思いつつ、ここで反論すると監禁されそうなので、

オレ:「そうですね、もしかしたら不良かもしれないので新しいものと交換しときますね」

ゴラム:「そうだよな、ぜってえ、不良だよこれ」

な、なんなんだこいつは、パラノイアか。こわいこわーい。

ということで、あまりにも怖くなったのでさっさと新しいラジオと交換し、撤退しました。ゴラムと会って立ち去るまでの所要時間およそ

5分ww

それからというもの、ゴラムはうちの店に来ていません。おそらく上司の殺気を感じたのでしょう。

☆あとがき

Monster Murder Mystery

モンスター級といっても、土下座を強要されたり金品を恐喝されそうなったりということはないので、まあ、上記の人はマシな方かもしれません。

ましてや多大な迷惑をこうむったのは私の上司ですしww

なのでわたし自身が迷惑をこうむったモンスター級のクレームとかはないですね、ありがたいことです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

(記事編集) http://marusamu.com/blog-entry-834.html

2014/11/11 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

このビジネスは儲かるやろ!渋谷の弁当宅配サービスがすごい!

   ↑  2014/11/08 (土)  カテゴリー: ビジネススキル

2014-11-03 19.03.56

11月3日の日経MJの一面でおもしろい記事がありました。

渋谷には社員食堂を持たない新興企業が多いため、お昼ご飯の需要を狙った弁当宅配サービスを立ち上げるベンチャー企業がどんどんできているそうです。

その弁当宅配ベンチャー企業のなかで、とくに目を引いたベンチャー企業がこちら。

bento.jp - 渋谷区の渋谷駅、神泉駅周辺、港区六本木にお弁当を宅配!ランチをボタン一つで20分以内にお届け

この会社のアプリをダウンロードし、アプリからボタン一つで注文ができてお弁当を届けてくれます。それも20分以内に。弁当は配達料込みで800円。おまけに毎日、日替わり弁当なので飽きることがない。

bento

アプリ画面はこんな感じ。「今すぐ注文する」というボタンを押すと注文できます。

配達のシステムはなかなかアナログです。配達手段は自転車。渋谷にある本社兼お弁当集積場所のマンション一室に、バイトがお弁当を取りに行き、決められた渋谷各所のポジションで待機。

本社から転送される注文メールを携帯端末で確認して、バイトは配達場所に行きます。

ちなみにお弁当は飲食店に製造委託して作ってもらっています。

この会社を運営しているのがなんと28歳の若い社長。現在では、15人のバイトを使い、1日に弁当を1000個も販売するまで成長しています。

まあ、どこにでもある弁当の仕出し屋みたいな感じですが、よくよく記事を読んでみるとこれはすごいビジネスだと感心しました。では、このベンチャー弁当宅配企業のなにがすごいのか?

1.初期投資が安い

Money

ベンチャービジネスを立ち上げるとき、いかに初期投資を安くするかが大切。この「bento.jp」はちょっと考えるとえらい安く立ち上げることができる。大ざっぱに試算してみます。

会社は、お弁当集積場兼任でマンションの一室。今住んでるところを使えばとくに費用はかからない。

飲食店に委託しているので、お弁当を作る調理施設はいらないから費用はゼロ。

必要な設備投資は、自転車とスマホ。自転車は安いママチャリで2万円、スマホはタブレットのもので5万円くらい。初回に各5台づつ導入するとして計50万円。

おそらく一番かかる投資がアプリの開発費で、だいたい100万円前後くらいでしょうか。

そうすると、弁当の仕入れ代金や雑費などをふくめるとだいたい300万円くらいあれば「bento.jp」をたちあげることができる。

わざわざ銀行に頭下げてお金を借りなくても、自己資金の範囲内でできますね。これだけ安い初期投資でビジネスを立ち上げれるとは魅力的です!

2.めっちゃ儲かる

Beautiful and Dirty Rich

弁当の宅配なんてそんなに儲からないだろうと思っていたのですが、ちょっと計算すると、これ、とんでもなく儲かるじゃないですか!

「bento.jp」では、お弁当の値段が配達料込で1個800円。今では1日1000個も販売します。これだけで売り上げは1日当たり80万円。

委託して作ってもらうお弁当の仕入れ値がわからないのですが、仮に原価率50%としたら、売上80万円×50%で1日当たりの売上利益が40万円。

配達は自転車でおこなうので経費といっても人件費だけ。それで配達料をとるってww

現在、アルバイト15名を使って配達しています。そこで従業員数は、事務のバイトを含めて約17人と仮定。そして、1日の労働時間を5時間、渋谷の平均時給は1000円くらいなので、時給を1200円としときます(儲かってるから)。

そうするとざっと1日当たりの人件費は、17人×5時間×1200円で約10万円。ということは、売上利益40万円から人件費を引いたら1日当たり30万円の利益になります。

20日間営業するとして月に換算すると、なんと600万円の利益!

年間だと、

7200万円ww

これ、利益ですよ。ほかに家賃や通信費などの経費がかかるとはいえたかが知れてます。これはぼろ儲けであります!

3.お客さんに困らない

渋谷

「bento.jp」と立ち上げた28歳の若き社長は、もともとIT企業で働いていたそうです。そのとき、いそがしくて昼飯を食べに行く時間がない。もし、お弁当の宅配があったらいいのになという思いから弁当宅配ビジネスを立ちあげられたのだとか。

なので「bento.jp」がターゲットとする顧客は、IT企業でいそがしく働く人たち。それではどのくらいの潜在的なお客さんがいるのか。

「bento.jp」の配達エリアである渋谷はIT企業が東京都内で一番あるそうで、ざっと600社くらい。

2000年以降、東京都では2317社のIT企業(2317社)が設立されているが、このうち渋谷区を拠点とする企業は588社と最も多く、以下、港区(501社)、千代田区(274社)、新宿区(212社)、中央区(181社)と続く。

引用元:ITベンチャーに選ばれる街――「渋谷」|DATA × SHIBUYA||渋谷文化プロジェクト

ひとつの企業あたりどれくらいの従業員がいるかはわかりませんが、1社平均20人として12,000人もいます。すべての人が利用するわけではありませんが、1割のお客さんに利用してもらうだけでも1日1200個もお弁当が売れます。

お昼ご飯はみんな食べますから、おそらくIT企業だけでなく、様々な人が利用することを考えると潜在的なお客さんは膨大な数になるのではないでしょうか。

☆ あとがき

bento.jpgazou

現在、「bento.jp」の配達エリアは渋谷区と港区にある六本木です。これから都内全域で配達を行うようにするとか。

お弁当のお値段は少し高いけれど、日替わり弁当で、20分以内に配達してくれる便利さであれば利用する人はまだまだ多いはず。

もとが儲かる仕組みだけに、これは目覚ましい成長をするのではないでしょうか。弁当宅配は見ため地味な商売だけど、バカにできません。今後が楽しみです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

(記事編集) http://marusamu.com/blog-entry-835.html

2014/11/08 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

キリン ファイアダブルマウンテンのCM美女に悶絶!ジェラ・マリアーノが美しすぎ!

   ↑  2014/11/07 (金)  カテゴリー: エンタメ

kirinnfare

洗脳電波としか思っていないのでテレビは見ない。しかし、子供がアニメを見るのでしかたなくテレビをつけている。あるとき、子供と一緒にアニメを見ていてCMになったとき、めちゃくちゃ目を引き付けられたCMが映った。これです。

キリンの缶コーヒー「ファイア ダブルマウンテン」のCM。もう、この美女になぜかしらクギづけ。

口はポカ~ン、股間はピキ~ンとひさびさに煮えたぎるものがありびっくり。おっぱいにクギづけなのはしかたないとしても、顔もなんともないほどエキゾチック!

CMは15秒とすごく短い。短かすぎる。いても立ってもいられなくなり、キリンのサイトにアクセスして、このCMをYouTubeで見ること1356回。

いったい誰なんだこの美女はということで調べてみた。

キリンのCM美女は、ハワイ出身のアジア系米国人:ジェラ・マリアーノ

wikiを検索したら日本語サイトではなかったので、血眼になって英語版で探しました。

Jarah Mariano - Wikipedia, the free encyclopedia

何が書いてあるかさっぱりわからないのですが、男のサガだろう、年齢と身長とスリーサイズを探し当てた。

jerahmariano

年齢は29歳。身長は173cm…、オレと一緒…。スリーサイズは上から86-61-85。超サイコースタイル!

それで趣味が、

Mariano primarily resides in New York City. She enjoys photography, cooking, yoga and surfing in her spare time.

引用元:Jarah Mariano - Wikipedia, the free encyclopedia

写真、料理、ヨガ、サーフィンだそうです。

職業は、スーパーモデル!

ちなみに顔立ちは完全に東洋系ですが、日本人の血は入っていないみたいです。

ほかにもジェラ・マリアーノの動画があるよ!

最初にのせた動画は第2弾のもの。第1弾はこれ。

それで、ジェラちゃんからのメッセージもあります。

メイキングシーンもあるよ!

ふぅ~。ということでいかがでしょうか?お楽しみいただけたでしょうか?

このキリンファイアーのCMは、物語形式となっているため、第3弾とかも放送されるかと。うれしいかぎりです♡

ちなみにキリンのファイアー売ってません

ていうか、ちゃんと営業しにきてくれキリンの営業マン。ジェラ・マリアーノの等身大ポスターやらくれたら、めっちゃ販促したのに、

なんやねん!

ということで、当店ではキリンのファイアー、ダブルマウンテンは売っていません。欲しい方はキリンに電話してあげてください。マルサムに営業に行けと。

しかたないから、ネットショップの画像のせておきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

(記事編集) http://marusamu.com/blog-entry-842.html

2014/11/07 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |