マルサム日記お買い得な商品のご紹介やちょっとためになる情報などをご提供します! 

このページの記事目次 (カテゴリー: ビジネス

← 前のページ  

実践的クレーム対応術:6つの方法 ~榎本 まみ著「督促OL」~

   ↑  2013/01/15 (火)  カテゴリー: ビジネス

ウシジマくん回収編01110

ちょっとタイトルに惹かれて立ち読みしたら面白かったので買っちゃいました!

督促OL 修行日記
督促OL 修行日記
posted with amazlet at 13.01.13
榎本 まみ
文藝春秋
売り上げランキング: 262

実はタイトルの漢字読めませんでした…。あまり馴染みがないもので…。「トクソク」と読むそうです。

私は、「督促」という仕事しているOLです。トクソクって、あまり馴染みのない言葉かもしれません。具体的に言うと、カードなどを使ってその支払いをしていないお客さまに、電話や書面で「入金のお願い」をするお仕事です。

ようは、昔でいう借金の取り立て屋さんですね。しかし、いろいろあって最近は厳しい取り立てはできなくなり、著者のような女性も活躍?する職場となっております。

本の内容は、著者の「修羅場」ともいえるお仕事を、面白おかしく書かれたものとなっています。でも、読み進めるとこれはほんと、大変な仕事なんだなと笑っていられなくなるくらい凄惨な現場です…。

ところが、著者の凄いところは、離職率が超高い職場で働き続け、なおかつ督促の方法論を独自に編み出し実績をあげられているところです。まだ、20代なのにすごいことです。

さて、今回はその著者が独自に編み出した方法をちょっとだけ6つほどご紹介します!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

(記事編集) http://marusamu.com/blog-entry-702.html

2013/01/15 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

採用されるために必要なこととは?~伊賀泰代著「採用基準」~

   ↑  2013/01/09 (水)  カテゴリー: ビジネス

マッキンゼーカンパニー

みなさんこんにちわ! 採用は容姿で決定!あんぽんです!

結構売れているこちらの本を読みました!

採用基準
採用基準
posted with amazlet at 13.01.03
伊賀 泰代
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 43


著者は、あの世界トップクラスのコンサルタント会社「マッキンゼーカンパニー」で十数年間人事採用をしていた方です。

世界トップクラスの会社ですから、それはそれは頭脳明晰な人材がわんさか来ると思われています。しかし、実際に採用したい人物は、ただ頭がいいだけではだめだとか。

それではどのような人材が採用の基準を満たすのかを述べたのが本書です。

どのような人材が求められているのか、著者は言います。

実はマッキンゼーが求める人材は、今の日本社会が必要としている人材とまったく同じだということにも気がつきました。まさか多くの人が、「これからの日本には地頭のよい人が必要だ」と考えているわけではないでしょう。同様にマッキンゼーも、地頭がよければ採用したい、などと考えているわけではありません。


ズバリ!採用したい人物とは、将来「リーダーシップ」をとれるポテンシャルがある人物かどうかだそうです。

では、リーダーシップをとれる人材とはどのような人なのか、本書から6つのチェックポイントをあげてみます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

(記事編集) http://marusamu.com/blog-entry-691.html

2013/01/09 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

成功する男の共通点とは?

   ↑  2013/01/05 (土)  カテゴリー: ビジネス

0921_img01

みなさんこんにちわ!失敗した男、あんぽんです!

本の帯の美女にひかれて思わず買ってしましました、こちらの本。

3年以内に成功する男、消える男
松尾知枝
フォレスト出版
売り上げランキング: 1,489

著者である松尾さんはなんと、500回も合コンをしたそうです。そこで知り合った3000人という男性をベンチマークして、成功する男の共通点を導き出し、紹介した本がこちらです。

う~ん、この著者はつぶれる前のJAL国際線のCAということもあり、出会った男は超1級の人ばかり。その選りすぐりの中から、成功する人の条件を見つけたのですから、これは確かな情報かと。

ということで、今回は本書より、成功する男の共通点として6つのポイントをご紹介!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

(記事編集) http://marusamu.com/blog-entry-689.html

2013/01/05 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

誰でもできる読書の方法 佐藤優「読書の技法」

   ↑  2013/01/01 (火)  カテゴリー: ビジネス

4166970392_b3d323dc0e_o

みなさんこんにちわ!遅読マスターあんぽんです!

前々から気になっていたこちらの本を読みました。

読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門
佐藤 優
東洋経済新報社
売り上げランキング: 463

佐藤優さんは、国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫)自壊する帝国 (新潮文庫)という本で有名ですね。現在では著述家として活躍されております。

佐藤優さんは、なんと月に最低でも300冊の本を読むそうです。300冊と言えば1日に10冊!どんな読み方をしたらこんなに早く読めるのでしょうか。

そんな佐藤優さんが余すところなく読書の方法を書かれたのがこの本です。いや~読書に関して役立つ方法満載です!

ということで今回は、その中から佐藤優流、読書の方法6つのポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

(記事編集) http://marusamu.com/blog-entry-687.html

2013/01/01 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

パラグラフ・ライティングでわかりやすい文章を書く!

   ↑  2012/12/19 (水)  カテゴリー: ビジネス

写真 2012-12-18 23 27 48

みなさんこんにちわ!支離滅裂な超絶あんぽんです!

非論理的な私は、何とか論理的、合理的、冷酷的な人間になりたくて、いわゆる「ロジカル本」には目がありません。それで、いろいろな本を読み漁ったのですが、その中でも今回読んだ本はめっちゃスゴ本でした!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

(記事編集) http://marusamu.com/blog-entry-651.html

2012/12/19 | Comment (0) | Trackback (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |